美少女イラストが描けるようになるまで頑張るブログ

「1年頑張って女の子が描けるようになるブログ(希望)」改め

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あおり絵修正(オリジナル絵25)

Category: 摸写&練習 >  
こんにちは。
前回の記事への拍手ありがとうございます。

さて、恒例の楽しいデッサン教室のお話ですが、
今回は「絵の評価」について少しお話をしようかと思います。

デッサンも1年以上やっていると、他の受講生の方からお褒めの言葉を頂けるようになります。
どんな褒め言葉かというと、
「清潔感がある絵ですね」
なんとも難しい褒め言葉です。
清潔って、台所とかトイレとか汚れることを前提としたものに対して使う言葉だと思うんですけど、絵に対して使う時ってどんな意味があるんでしょう。

他には、
「透き通るような、透明感のある絵ですね」
これもちょっと難しいですね。
でも、さきほどよりは、わかり易い感じです。

これが私の敬愛する、某デッサンの先生になると、もう、言葉を尽くして褒めちぎってくださいます。
ちょっとその時の会話をご紹介しましょう。

先生 : おい、なんだこの絵は? 幽霊でも描いているのか?
私  : いえ、目の前の美しいモデルさんを、

先生 : だったら、色をもっとのせなさい。これじゃ何描いているのかわからんぞ。
私  : でも、色の白い方なんで、

先生 : だからと言って、これは白すぎるだろう。白人女性でももっと色がのるぞ。
私  : はい、ごめんなさい。

先生 : それに、輪郭線まで薄いじゃないか。
私  : え、でも先生、輪郭線を描くなって、

先生 : はぁ? 今なんて言った?
私  : いえっ、なんでもありません。ごめんなさい。

先生 : ……
私  : ……

先生 : 僕はね、輪郭線を描くなとは言っていないんだよ。

先生 : ただ西洋絵画的な考え方をするなら、「物体に輪郭はない。あるのは面との境界だ」

先生 : そういう考え方に基づくなら、輪郭とは面を描いていくうちに自然と現れてくるものなんだけど、

先生 : しかし日本画的な考え方をするなら、逆に輪郭をどう描くかが重要になってくるわけで、

………

……



と、まあ、こんな感じです。

先生、本気なんで、駄目なものは駄目とはっきり言います。
「駄目なものを褒めるのが一番良くないことなんだ」、そんなことも良くおっしゃられます。
身にしみる話です。
中々そういうことはするのも、されるのも難しいですけど。

雑談はこれぐらいにして、
今日の一枚です。
2018年3月(オリジナル絵25)
オリジナル絵。
といっても去年の10月にアップした絵の焼き直しです。
あおり顔がどうにも納得いかなかったので直しました。

今度こそ満足のいく絵になった……と思います。

参考に、前々回の記事でアップしたあおり顔と、今回アップした修正後のあおり顔の比較画像もアップしておきます。
99_20180318_01_01_ブログアップ用
需要はないかもしれませんが……

比較画像アップしましたけど、ここまでくるとイチゼロで語れない難しさがありますね。
一言で言えば、「正面顔の印象に近づけた」
ということなんでしょうけど、そのためにいろんなことを試行錯誤してやっています。

自分だけで直すことに限界を感じて、pixivのお絵描きグループに投稿して添削もしていただきました。
そこで他の方から意見を頂いて、それで気付くことがあってその内容を反映しています。
それが一番大きかったかもしれません。

元々の絵は、あおり顔に見えるように縮尺を縮めたり、あごの下が見えるようにしたりしていたんですけど、それが元の絵の魅力を失わせる結果になっていて、それがわかっていてもどうすることもできなかったんですけど、
でも、pixivでの指摘で、私のキャラの場合「あおりでも普通顔に見えて正解」、というコメント頂いて、それで自分の絵が無理に歪めすぎていたんだということに気づきました。
それで、歪めていたところを一つ一つ直していって、
結果、元の顔の魅力を取り戻すことができました。
印象が大分、良くなったと思います。

やっぱり第三者の意見を聞くのは重要だな、と改めて思いました。

スポンサーサイト
テーマ : イラスト    ジャンル : 学問・文化・芸術

表情の練習

Category: 摸写&練習 >  

こんにちは。
前回の記事への拍手ありがとうございました。

今回も顔絵です。
ゲーム用に描いた表情差分絵なのですが、表情を描き別ける練習も兼ねているので練習記録としてアップします。

99_20180222_02_01_ブログアップ用
まずは笑顔4種。

表情はマンガイラストや表情の描き方本などを参考にして描いています。

99_20180222_02_02_ブログアップ用
続いて泣き4種。

涙の描き方がわからなくて、表情とは別で練習しました。
皿に盛った水滴をスケッチしてみたり、
ネットで「水滴の描き方」「涙の描き方」で検索してヒットした講座を真似してみたり、
色々試してみましたが、講座に従ってお絵描きソフトの機能を使って描くと結構それっぽく描けますね。
レイヤ別けして、ブラシでこちょこちょ描いて重ねるだけで水っぽくなります。

99_20180222_01_03_ブログアップ用
驚き2種、困り顔、怒り顔

ここまでで12種類。
ちなみに目と眉は同じものを流用していますが、口は全部違います。

口は目ほどにものを言うと言いますが()    ※逆です

微妙な表情のニュアンスを表そうと思うと口の描き方が重要になってくる、、、
そう思っていてこだわって描いています。

しかし、口は思った以上に難しいですね。
特に大きく開けている口が難しいです。
唇もそうですが、口の中の歯とか、舌など、立体的に描こうとするとかなり難儀します。
色々見て描いていますが、未だに上手く描けなくてイライラします。


99_20180222_01_04_ブログアップ用
恐怖4種

練習もかねて、漫符も描いています。
これも持っている漫画を参考にして描きました。
描いてみて思いましたが、単純に見えて、単純じゃないですね。
自然な感じをだすために試行錯誤しています。

99_20180222_01_05_ブログアップ用
落ち込み系4種。

表情かわりすぎて、左から二番目の顔が別人になってしまっているのが悩みどころです。
にらみつけている感じをだそうと思ったんですけど、、、
眉の位置が悪いのか、目の位置が悪いのか、
ちょっと悩み中です。

99_20180222_02_06_ブログアップ用
恥じ2種、寝2種。
特に語ることはないですね。

以上です。


最後に参考にした書籍を紹介しておきます。

デジタルイラストの「表情」描き方事典 想いが伝わる感情表現53 (デジタルイラスト描き方事典)

辞典というだけあって様々な表情が体系的にまとめられています。
特に代表的な表情に対して、正面、斜め、横、アオリ、フカン、と5方向網羅されているのがポイント高いと思いました。
リアルから、デフォルメのちびキャラまで、これ一冊あれば基本的な表情はほぼ網羅できる感じです。



デジタルツールで描く! 感情があふれ出るキャラの表情の描き方

こちらも色んな表情を、色んな作家さんが描いていて、体系的にまとめられています。
序盤には顔そのものの構造や描き方の説明もあります。
色んな方向から立体的に描く方法と、その注意点が書かれていてそちらも参考になると思いました。

では、また。

テーマ : イラスト    ジャンル : 学問・文化・芸術

顔絵の練習他

Category: 摸写&練習 >  
こんにちは
前回の記事への拍手ありがとうございました。

唐突ですが、以前の記事で表現が正しくない個所があったので訂正します。

デッサン教室の話で「先生に鼻で笑われた」と書いていましたが、すみません。
いくら礼儀のなっていない、そこらのチンピラみたいな先生でも、そこまで酷くはなかったです。
ごめんなさい。
正しくはこんな感じでした。

「あはっ」
「うふっ」
「(゚∀゚)アヒャ」

すみません。最後の「(゚∀゚)アヒャ」は嘘です。
でも大体こんな感じです。
鼻ではなくて、ちゃんと口で笑ってました。

高い授業料を払って参加したデッサン教室で、一生懸命モデルさんの顔を描いている後ろで、
目や鼻の線を入れるたびに、変な笑い声をあげて励ましてくださったのです。

そんな先生の暖かい思い遣りの心が通じたのか、
私の、ガラス細工のようにもろく繊細な心は、
真っ赤なマグマのように熱く煮えたぎり、
「二度と笑えないようにしてやる!」
という憎悪にも似た深い尊敬の念によって満たされたのでした。

ちなみに笑えなくするというのは、絵を上手くなって見返してやるという、とても前向きな方法です。
間違っても先生に立ち向かっていくなどという、そんな命を無駄にするようなことはしません。

ということで、その日から顔を描く練習をずっとやってました。
しかし人の顔って結構難しいんですよね。
ちょっとずれるだけで、別人になってしまう。
別人になるだけならまだしも、人の顔ですらなくなってしまう。

しかし、練習するにしても、いつもモデルさんが目の前にいる訳ではないですからね。
かと言って自分の顔を描く気にもなりませんし。

ということで練習用の本を用意しました。

いろんな方向、いろんな表情の顔が収録された写真集です。
ジャンプ流で冨樫義博先生も紹介されていました。

2016/11/4~5
CCI_20180221_01.jpg
摸写したものから抜粋でアップしました。
この写真集の素晴らしいところは、人種、表情、アングル、すべてがバラエティに富んでいることです。
特に表情、アングルは一人の人物に50種弱という豊富さです。それでいて50人もの男女を収録しているのだから驚きです。
写真そのものの複製使用は当然NGですが、
アート作品において、トレース、模写了承とはっきり書かれているのもポイント高いです。

資料として一級なのはもちろん、これを模写すればいろんなアングルを描く練習にもなると思いました。


2016/11/6~7
CCI_20180221_02.jpg
ここまで描けるようになるまで30個ぐらい顔を描いたでしょうか。
一つの顔に20分から、長いものは1時間ぐらいかけて描いています。
それぐらいかけないとリアルに描けないです。

しかし、このレベルで描けるようになると、デッサン教室でも笑われなくなりますね。
一人のモデルさんを何時間もかけて描くわけなんですけど、そのうち1~2時間ぐらいかけて顔を描くと先生も特になにも言わなくなります。
まあ、上手いとも言ってくれないですけど。


で、

2018/2/20
99_20180222_01_12_ブログアップ用
今、描いているキャラ、「エルル」の最新の設定画です。
いまだに直し続けています。

あれだけリアルな人の顔を描く練習をしましたけど、イラストはまた別ですね。
可愛い女の子を描くために、いろんなイラストを参考にしたり、模写したり。
去年の四月からずーと描き直し続けて、ようやくここまできました。
前回と同じく、これ以上はないという限界まで描きました。
毎回のことなんですけど描き直して良くなると、以前の絵が全然駄目だったことに気づいて驚かされます。

といっても、一番右のあおり絵はまだ納得いってないんですけどね。
正面顔に比べると別人というか、明らかに頭が小さいです。

でもこれが限界です。無理に合わせようとすると可愛くなくなってしまうんです。
少女マンガ風の絵柄で、あおり顔は無理がある気がしてきました。
いや、自分の画力が足りないだけですね。とほほ。

しかし、言い訳というわけではないんですけど、あおり顔は本当に難しいです。
特に顎の下が見えるぐらいの真下から見た角度が劇的に難しいです。
耳とか、もみ上げとか、首の付け根とか、顎の形とか、とにかく全部難しいです。

参考にしようと思ってアニメやマンガを見てて気づいたんですけど、極端なあおり絵だと、そういうところは髪の毛や体で隠していることが多いですね。
あえて隠している感じです。
やっぱり構造的に無理があるんじゃないか、そんな気もします。

一つ例をあげると、リアルの首は顔より少し細いぐらいの幅なんですが、マンガキャラの首は顔に比べて極端に細くなってます。というより顔が大きいので首が細く見えるといったほうが正解かもしれません。
正面や横顔ではあまり違和感を感じませんが、あおりで見るとその極端さが際立ちます。構造的なおかしさが表に出てくる感じです。
たまにバストアップのイラストであおり絵を見ますが、その時は首が太かったり。
女の子の描き方的な本でも、正面とあおりで明らかに首の太さが違っていたり。
あおりでは首を太くして違和感を無くしている感じです。
そういうのを見ると、やっぱりそういうことなのかな、とか思ったりします。

しかし、バストアップ絵では首を太くできても、全身絵ではそれができないんですよね。
全身絵でそれをやると、体と合わなくなってしまいます。

正面ではなくて、斜め横からの煽りならそんな問題は発生しないんですけど。
練習になると思ってあえて選んだ構図ですが、選んだことを激しく後悔しています。

2018/2/20
99_20180221_01_02_ブログアップ用
髪を下ろしたバージョン。

線の太さとか意識して変えるようにしています。
以前は線が細いほうが優しさというか繊細さがでると思って細くしていたんですが、弱々しくなるだけだということに気づいて一旦太くしました。
で、今回は光の当たる部分を細く薄くしてみました。そうすることでそこに光があたっている感じ、輝いている感じがでてきたと思います。
昔の少女マンガの絵を参考にして直しました。
髪の毛の塗りも少女マンガを参考にして直しています。

ちなみに少女マンガの絵柄は、ネタでやっている訳ではないです。
結構本気で描いています。

なんといいますか、昔の少女マンガってガツンとくる可愛らしさがあるんですよね。
その可愛らしさを少しでも自分の絵に取り込みたいんです。
だから単に少女マンガっぽく描きたいわけではなくて、どうやったらあの可愛らしさを再現できるのだろうか?
そんなこと考えながら描いています。

そのわりには中々再現できていませんが。

昔の少女マンガを模写していて思うんですけど、可愛く見える理屈が全然わからないんですよね。
特に目なんて、
なんでそこに線を引くんだろう?
そこに線を引くとなんで可愛く見えるんだろう?
と謎だらけです。
目の中に宇宙があります。
誇張ではなくて、本当にそうです。

さて
話にとりとめがなくなってきましたが、まとめようなんて気はさらさらないのでこの辺で終わりにしようと思います。

では、また

テーマ : イラスト    ジャンル : 学問・文化・芸術

クロッキー{249~257}

Category: 摸写&練習 > クロッキー  

2016/02/02~2016/02/08

前回の記事への拍手ありがとうございました。
三週間以上、間を空けてしまってすみません。
なんだか他の記事にも色々拍手いただけたみたいで、色々申し訳ないです。

ちなみに夏休みだからといって遊んだり、休んだりしていたわけではないです。

たった今、帰って来ました。
地獄から。

実は最近、女の子を描くのに役立つかと思って、デッサン教室に通うようになりました。

初心者、未経験者歓迎とあったので軽い気持ちで行って来たのですが、

先生は気さくな優しい方で、開始時間ぎりぎりにやって来た私にも、
やる気のない奴は来なくていいぞ、と暖かい言葉をかけてくれます。

デッサン中、親切丁寧に容赦なく厳しいご指導をいただけるのはもちろんのこと、
デッサン終了後にも参加者一人一人の絵をご講評いただいて、
デッサンの狂った絵を描くと、大変有り難いことに十人以上いる参加者の前で、くどくどとデッサンの狂いを指摘し、
この絵はなんだと吊るし上げてくれます。

気がつくと教室のない日も、必死なってデッサンの練習をしていました。

おかげで、ブログの更新が滞ってしまいました。
ごめんなさい。

デッサン教室の話は生き延びていたら、そのうち記事にするかもしれません。
……しないかもしれません。
ごめんなさい。

そんな話は置いといて、
今回の記事はクロッキーです。

1月の時と代り映えしませんが、一応、練習記録としてアップします。

2016/02/02
blog201602_599.jpg
左 00:10:15
右 00:08:26

2月最初のクロッキー

前回と同じく、「新ポーズカタログ〈2〉男性の基本ポーズ編」を使用しています。
相変わらず男をクロッキーしています。


2016/02/08
blog201602_609.jpg
左 00:20:38
右 00:28:47

もうクロッキーと言えないぐらいに時間がかかってしまいました。

時間がかかっているわりには線が汚いですけど。

2月は合計で9体クロッキーしました。
時間の総計では、2時間50分(1体平均 約19分)

もう何も言うことはないですね。
何のためにこの記事をアップしているんだろうという気すらしてきました。

デッサンに大分、心をやられているみたいです。

泣きごと言ってもいいですか?
駄目ですか。
そうですか。
ごめんなさい。

そういえば、話は変わりますが、前回の記事のコメントで「量か質か」のお話がありましたが、
アニメ私塾のYouTubeでも、似たようなお話がありました。

YouTubeの「スランプ脱出法」の中で言及されていることなんですけど、
室井さん曰く、
得意なもの、好きなものを描く「作品」は量
苦手なものを描く、模写、デッサンなどの「練習」は質
を重視なんだそうです。

普通なら、練習は量で、作品は質だと思うんですけど、室井さんは逆のことを言っているんですね。
なんだかわかる気もします。

今日は以上です。

では、また
テーマ : イラスト    ジャンル : 学問・文化・芸術

「やさしい人物画」の模写(84)

Category: 摸写&練習 > やさしい人物画  
2016/01/19

前回の記事への拍手ありがとうございました。
今日も記事のアップを頑張ります。

といっても、大した内容じゃないんですけど……

今回は、ルーミス先生の

やさしい人物画」の模写です。

blog201601_576.jpg
02:30:13

例のごとく、スキャナーで取り込める最低画質に落としてあります。
頑張って描きましたが、今見たらウェストがちょっと変な気が……

それは置いといて、今回何故「やさしい人物画」を模写したかと言いますと陰影の付け方を学ぶためです。
1月に入ってから、男性写真の模写を行ってきましたが、どうにも陰影の付け方がわからなくて、その学習のために模写しました。
やさしい人物画」には他にも、陰影の法則や、陰影の付け方の簡単な解説がされています。

こういうメリハリのある陰影をつけたいと思って模写したんですけど、
しかし、いざ写真を見て描こうとすると、どうしてもぼやっとした感じで塗ってしまっています。
理屈は判るんですけどね……

中々難しいです。


テーマ : イラスト    ジャンル : 学問・文化・芸術



カレンダー アーカイブ

06 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別


成長の記録
プロフィール

サーダインよしのぶ

Author:サーダインよしのぶ
お絵描き勉強中のイラスト初心者
エロ同人を描くのを目標に日夜、寝るか、遊ぶか、凹んでます。

ランキング
ランキングサイトへのリンクです。押すといいことあるみたいです。主によしのぶに……

にほんブログ村 イラストブログ イラスト練習へ
にほんブログ村

イラスト ブログランキングへ
検索フォーム
メールフォーム
ご意見、ご要望はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめの本たち
ブログに登場する本たちです。役に立ったものだけ置いてます。
ちなみにAmazonのページへのリンクになってます。

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。